スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間外労働。

『名ばかり管理職』という言葉が
世に出て久しいですが、
今日は、時間外労働について、
先日参加した講習の“LEON”先生の言葉から。


労働基準法上、使用者が労働者に労働させていい時間は、
1日8時間1週間40時間と決まっています。(労働基準法32条)

ただし、他に類を見ないほど相当効率的、
もしくは、物凄く暇な職場(笑)でない限りは、
この時間内に仕事が終わることはありません。

それで、労働基準法の中では、免罰規定を設けて、
合法的に法定労働時間を超えて
労働をさせることが出来るようにしています。
それが、きっと一度は聞いたことのある36協定です。(労働基準法36条)

この36協定は、使用者と労働者の過半数代表者、または過半数労働組合と
書面による協定を結び、労働基準監督署へ届け出ることにより、効果を発します。
(いや~、硬いですね~…もう少しだけお付き合いを。笑)

で、労働基準監督署へ届け出る書面の中には、
“延長することのできる時間”の単位として、
『1日』『1ヶ月』『1年』とあります。
今日は、この『1日』の部分についてだけ。

通常の業務から考えて、1日2時間程度の残業で業務が終わる、
と考えて、2時間で届け出をした場合、

『明日の9:00が納期だ明日、休んでいいから、今日は徹夜をして、
朝までに何とか間に合わせてくれ』と言って、

従業員が、『分かりました頑張ります

承諾したとしても、法律的には、違法です
(まぁ、実際にある場面かもしれませんが…。苦笑)

1年に1回でも、徹夜の可能性があるとしたら、
届け出は2時間ではなく、『15時間』と届け出なければ、
法律違反になってしまう、ということです。
(当然、毎日15時間も残業させるという意味ではありません。)



“LEON”先生の話は、ここが触りで、
さらに深くなっていきます。(笑)
明日以降、この続きを…。



スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

NEO!!

iamNEO

Author:iamNEO
My Yahoo!に追加

Yahoo!ブックマークに登録

さいたま市浦和区の
社会保険労務士・行政書士です。

フィットネスクラブを専門に、

 1.労働保険・社会保険の
   各種手続きの代行
 2.毎月の給与、賞与計算事務
 3.人事管理規定の作成・見直し
 4.各種契約書の作成・見直し
 5.就業規則(正社員/アルバイト用)
   ・給与規定の作成・見直し

を行なっております。

お問い合わせなどは、
以下のメールフォームからどうぞ。



趣味は、裁判例を読むことと筋トレ。
法律とバーベルを武器に戦います!!
チカライッパイ皆サンのお手伝いを致します!!

今なりたいもの。
ソフトマッチョな労働基準法の専門家。
フィットネスクラブの立ち上げ・
労務管理のスペシャリスト。

そして、特定社会保険労務士。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ただいまの時刻は…
月別アーカイブ
welcome!!
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。