スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンプライアンス。

今日は朝から模様。
明日も天気が悪いようで。


先週の土曜日、埼玉県社会保険労務士会の
勤務等社会保険労務士研修会がありました。
BODYPUMP後。笑)

事務所内の“超”整理術など、とてもためになる話を
お聞き出来たのですけれど、グル~プワ~クの中で
とても考えさせられる話をしてくださった先生がいらっしゃいました。

その先生は、大手の物流会社にお勤めで、管理職をしておられるので、
ご自身が社会保険労務士業務をすることは少ない、ということでしたが、
企業側から見た、“これから求められる社会保険労務士像”を語ってくださいました。

まず、企業が今最も重視している事柄はどれか
 利益
 顧客
 コンプライアンス


もちろん、どれも重要なのですけれど、答えは

大切なのですけれど、がTOPに来ると、
お客さんから違法性のある依頼を受けた時に、断ることが出来ない。

実際、を軽く見ていたせいで、
介護・人材派遣大手の会社はつぶれてしまいましたね。

会社がつぶれてしまえば、もありません。


ここからが特に社会保険労務士に必要な資質。
(…に限らずすべての士業に言えることですけれど)
のコンプライアンスが大切だとはいえ、

 相談を受けた時の『法律はこうなっています』という話し方は

確かに、法律上の決まりは分かる。
でも、相談していることは、
“法律の枠の中で、どんな事業活動が出来るのか”、を聞いているのであって、
決して、法律がどうなっているのかを知りたいという訳ではない、ということ。

顧問先企業が、詳細までは知らなくても、どんな事業の特性を持っているか、
最低限度は知らなければ信用をなくす、ということでした。


 要点をついた話し方。そして、話の中で“多分”は禁句。

同じ社会保険労務士で、これが出来ない人が
いるというのはちょっと恥ずかしい…
法律を分かりやすく説明するのが、法律家としても役割なのですけれど…。


 法律に疎い、という印象を与えない。

法律家が法律に弱かったら、価値がありません…。(苦笑)


 企業に合わせたフレキシブルな対応。

業種が違えば、就業体系も違ってくるなど、色々な違いがあります。
そのために、その企業に合ったアドバイスが出来ないと、
何のための顧問なのか、という話になってしまいます。


それで、結論としては、
手続き業務がきちんと出来ることはもちろんのこと、
今後の社会保険労務士は、求められた時に、
的確なアドバイスの出来る相談役になれなければならない、
ということでした。



とても考えさせられる、しかし、目指すところはやはりそこだ、と
再確認出来た有意義な研修でした。


目指せ、“LEON”な先生







人気ブログランキングへ
応援クリック、お願いします



スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

NEO!!

iamNEO

Author:iamNEO
My Yahoo!に追加

Yahoo!ブックマークに登録

さいたま市浦和区の
社会保険労務士・行政書士です。

フィットネスクラブを専門に、

 1.労働保険・社会保険の
   各種手続きの代行
 2.毎月の給与、賞与計算事務
 3.人事管理規定の作成・見直し
 4.各種契約書の作成・見直し
 5.就業規則(正社員/アルバイト用)
   ・給与規定の作成・見直し

を行なっております。

お問い合わせなどは、
以下のメールフォームからどうぞ。



趣味は、裁判例を読むことと筋トレ。
法律とバーベルを武器に戦います!!
チカライッパイ皆サンのお手伝いを致します!!

今なりたいもの。
ソフトマッチョな労働基準法の専門家。
フィットネスクラブの立ち上げ・
労務管理のスペシャリスト。

そして、特定社会保険労務士。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ただいまの時刻は…
月別アーカイブ
welcome!!
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。